javascriptを利用したホームページ制作のコツ

javascriptを利用したホームページ制作のコツ

javascriptはNetscape社が開発したWWWブラウザで動作するプログラム言語の一つです。発表当初はホームページの色を変えたり、時計を表示するようなおまけの機能として考えられていましたが、GoogleがGmailやGoogleマップで本格的に利用し始めたことでホームページの表現をいじるための言語としての扱いだけではなく、さまざまな機能をホームページにもたせられるとして人気が急上昇しています。ホームページ制作においてもjavascriptは使用が必須な案件はあまりなかったようですが、現在のホームページ制作においてはjavascriptの利用が重要視されてきており、HTMLやCSSについでホームページ制作では重要なツールになっています。動きをつける意味ではFlashやJavaもありますが、WWWブラウザ以外にプラグインを用意し無くてはならないこともあり、現在では動画サービスを除いてほとんどのホームページ関連の動きでは利用されることが多くなってきています。ホームページ制作で特に注目されているのはこれまでFlashの独壇場であったゲームなどの激しい動きと双方向性の動きが実現できる点です。