自作CGIにこだわるホームページ制作

自作CGIにこだわるホームページ制作

CGIはCommonGatewayInterfaceと呼ばれ、ホームページからサーバで動いているプログラムを呼び出すための共通プログラムの一種です。CGIを利用すれば専用システムを利用するためのアカウント管理が可能になったり、買い物においてバスケット機能がりようできるなど、HTMLやCSSだけでは実現できない機能を実装することが可能になります。CGIはサーバで動きますのでサーバで管理できるプログラムなら何でも利用することができ、perl、ruby、Cなど幅広い言語が利用できるのが特徴です。ホームページ制作においては自作することが多くなっています。ホームページ制作で自作される場合で多いのが通信販売用のホームページです。通信販売用のホームページ制作では買い物の諸機能が重要になりますが、買い物機能は各社で考えが違ったり、カスタマイズが行えることが重要であると考えられており、市販されているプログラムはあまり利用されないことが多いようです。また、ホームページを設置するサーバの環境によって使えるプログラム言語が変わってくることも多く、通信販売以外のプログラムであっても自作で用意されることが多いようです