ホームページ制作はFTPでファイル転送して公開

ホームページ制作はFTPでファイル転送して公開

ホームページ制作を行うとしたとき、自分が契約しているWebサーバに対して、FTPソフトを使用してファイル転送を行う必要があります。ここまでやって、初めてホームページが公開されることになります。
意外とこのファイル転送をし忘れることがあり、自分のパソコン上では新しいページを見ることができるのに、他のパソコンから見られないようであれば、転送したかどうかを確認する必要があります。
転送を忘れないようにするためには、ホームページ制作をキチンとルーティーンワーク化しておく必要があります。Webページを作る(または修正・更新する)、ページを保存する、FTPソフトを起動する、転送する、ブラウザで表示する、再読み込みして正しく表示されることを確認する。これが一連の流れです。FTPは専用のソフトを使っても、ホームページ制作ソフトの機能を使ってもどちらでも問題ありません。ただし、確実に行うことが必要となります。
複数のページに手を入れると、転送し忘れるページが出るおそれがありますので、ホームページ制作の流れを、チェックリスト化しておくことも作業の漏れをなくすためには有効です。転送先のフォルダが複数になっているときは間違いがおきやすいので、特定の期日に公開する予定の複数のページについては、より慎重に作業することが求められます。