ホームページ制作においてhtmlタグの使い方の違い

ホームページ制作においてhtmlタグの使い方の違い

ホームページ制作はプロから素人まで沢山の人が行っていますが、ホームページ制作においてプロと素人との間でhtmlタグの使い方でもっとも違いが出るのがテーブルタグと言われています。テーブルタグはCSSが発達するまではホームページの枠を決めるために使われることが多かったようです。そのため、現在でもホームページの大枠、また、各章や節ごとに文字や文章を区切るのにテーブルを利用する方がいるようです。htmlは日々進化しており、現在ではテーブルはあくまでもデザインの要素でしかなく、枠組みには使われることはありません。デザインや枠組みについてはCSSと呼ばれるスタイルを決める言語を利用します。また、ホームページ制作は大規模化してきてきており、分業が進んでいます。ホームページ制作において分業は主にデザイン部と各要素の作成に分けられることが多いようです。htmlは分業作業を考慮した言語ではありませんが、CSSを導入することでホームページ制作においてデザインと各要素を分けることができ、デザインはより良く、分かりやすいホームページにするためのデザインを、また、各要素を作る側はパーツごとに分業が行われることが多くなってきています